静岡の医学部専門予備校で合格を勝ち取る

小さい頃からぼんやりと医学部に興味があった

私の父親は医師ということもあり、医学部は小さい頃からぼんやりと興味はありましたが、私の家庭では、本人の希望を尊重してくれる家であったため、医師になることは勧められたことはありませんでした。
実際に高校2年生の時に文系か理系かのコースを決めるときまで、医学部受験をホンキで考えたことはありませんでした。
しかし、これまでの生活を振り返った時には、医者はどこかじぶんにとってのあこがれでもあり、患者さんに感謝してもらえている父の姿はどこか誇らしかったことを思い出し、自分自身も医学部にチャレンジしてみようと決意したことを覚えています。
勉強方法に関して身近な父に相談したところ、「独学で十分」との返答し帰ってこなかったため、最初は独学からはじめたのですが、私には合わなかったようです。
当時の学力があまりにも低く、基礎から徹底的にトレーニングする必要性を感じました。
そこで私が選んだのは、静岡市にある医学部受験に特化した専門の予備校です。
この予備校に通い始めたのが高校2年生の3学期からですので、丁度受験までに1年の時間がありました

小さい頃からぼんやりと医学部に興味があった : 基礎力を徹底してこそ志望校が近づく : 大切なのは揺るぎない基礎力の構築

医学部 予備校 静岡 : 医学部予備校マニュアル